【期間工集合!】みんなで描く期間従業員日記@tiresias.org

現役期間工、元期間工が、それぞれの期間従業員時代の経験を思い思いに語ります。仲間も募集中!

元ホンダの期間工がトヨタ期間工の面接を受けてみて思ったこととその後の行動。

最近期間工という仕事が徐々に人気を集めています。

違法な長時間労働や残業代の未払いなどが問題になっている中、非正規とはいえ日本を代表する様な企業と直接契約することができて正規登用制度なども完備されている上に給料自体も非常に高いというのが主な理由でしょう。

実際に私の同期でも元々ブラック企業で働いていたがやっていけなくなってしまった為期間工になったという人を一定数知っていますし最近はそういった人が増えてきたなと個人的には感じています。

そして、そんな初めて期間工になるという皆さんが初めに思い浮かぶ期間工を募集している会社といえばトヨタではないでそうか?

ネットなど一部では期間工=トヨタの期間工の様な認識が広がっていますからね。

今回はそんなトヨタ期間工について、現役の期間工であり、過去にトヨタ期間工の面接を受けた経験のある私が面接を受けた理由や体験談、最終的にトヨタを選ばなかった理由などお話ししていこうと思います。

 

そもそも期間工とはどういった職業なの?

まず面接の体験談などをお話しする前に、これからはじえて期間工になるという人に向けてそもそも期間工ってどんな職業なのか?

期間工ってどういった仕事をするのか?など『期間工とは?』ということについて説明していきます。

ちなみに今回説明させてもらう期間工ですが自動車関連企業の期間工に限定させていただきます。

求人を探していると稀に宇宙開発関連や航空業界の期間工というのもありますが私が自動車関連企業でしか期間工をしたことがないということから今回は自動車関連企業のみとさせて下さい。

まず期間工とはどういう契約なのかという説明からいきましょう。

期間工は会社によって呼び名が変わりますが正式名称は一般的に期間従業員や期間社員となっていて名前の通り期間の決まった雇用契約の元働く物になっています。

契約期間は3ヶ月か6ヶ月が一般的で基本的には期間満了時に更新することもでき、最長で2年から約5年働くことができます。(トヨタの場合は約3年です)

契約期間が3ヶ月など短いので何かあった時真っ先に解雇されるというデメリットはありますが、期間満了毎に満了金や慰労金といったものが支給されるので短期的に働くことを考えると逆にそれが期間工の旨味だったりします。

期間工と聞くと何か特別な雇用形態の様に思う人もいるかもしれませんが、寮の用意された工場勤務の契約社員と思っていただいて問題ないでしょう。

 

期間工の仕事内容

雇用形態の説明の次は期間工の仕事内容について説明していきましょう。

期間工は主に工場で仕事をする製造業になっています。

トヨタであれば直接車の製造をするのが期間工の代表的な仕事です。

車を作るのが仕事といっても工場に入ったことのない人にとってはどの様な仕事なのか想像がつかないですよね。

ご安心ください、youtubeにあるトヨタの公式チャンネルでどの様に車が製造されているか公開されているのでその動画を貼っておきます。

https://www.youtube.com/embed/_DNJ1LyAroE

言葉で説明するよりわかりやすいと思うのでこちらの動画で期間工の仕事をイメージした方がギャップも少ないでしょうし是非確認してみてださい。

どうでしょうか意外に簡単そうに見えましたか?

しかしこれが意外に大変だったりします。

部品も重いものが多いですし仕事内容(工数)も多いです。

何より流れてくる車のスピードに合わせて仕事がするのが初心者の人にはきつくて実際にやってみると初めは『絶対に無理』と思ってしまうことでしょう。

正直ホンダやスバルなどの他社もそうですがこの組み立ての行程はすごく大変な仕事が多いので期間工の仕事はそれなりに辛いということは覚悟して面接に申し込んでほしいと思います。

因みに、中にはフォークリフトに乗って部品を配給する物流の部署や小さい部品の管理、機械のオペレーターといった仕事につくことがあり、こういった仕事はラインの組み立て行程と比較して楽と言われていますが配属される確率は非常に低くて新しく入社する期間工の1割以下と思っていいので基本的には辛い組み立て工程に配属されるものと思っておきましょう。

 

トヨタ期間工の面接について、服装や面接の内容など

では、ここからは、いよいよ本題のトヨタ期間工の面接について服装や内容などについて私が実際の経験を元に書いていきますのでこれからトヨタ期間工の面接を受けてみようかなと考えている人は是非参考にしてみてください。

まず私がトヨタの面接を受けたのは2017年3月です。

ちょうど面接に申し込もうと思った時は期間工ブログ界隈で『トヨタ期間工が募集停止!』と騒ついた時期で実際に申し込んだのはトヨタに申し込もうと決意してから少し経ってからになります。

期間工の面接に申し込む際は入社祝い金などが貰えることから基本的に期間工.jpの様な求人サイトを通すのが一般的ですが、私が申し込んだ時はどの求人サイトもトヨタの募集が復活していなかったのでトヨタの公式ホームページで面接会場を確認してから直接面接に行くという方法を選びました。

『直接面接へ行く?』と思った方もいるかもしれませんが実はトヨタの場合事前にアポイントを取る必要はありません。

他社期間工の面接は1度公式ホームページから会員登録をして自分の参加したい面接会場と日時を選んで申し込みをするという形をとっていますがトヨタの場合は申し込みなどなく直接面接に行くことになるのでこれには私も驚きました。

当日の持ち物は履歴書と筆記用具だけで問題ありません。

面接は1日2回開催、9:30からと13:30からがあって私の場合は早く終わらせてしまいたかったので9:30の方に参加しました。

 

面接会場の雰囲気や面接であったこと

私が参加したのは都内の面接会場でした。

会場には面接開始時刻の15分前には到着してその時点で2名の方が会場に来られていました。

最終的に7人か8人ぐらいの方が面接会場にやってきましたが時間ギリギリで会場入りした方もいて、服装は1人だけ私服であとはスーツで面接に参加していました。

当然私もスーツ参加です。

面接の服装についてはネットで色々なことが書かれていて掲示板などでは多くの方が私服で問題ないと書き込まれています。

しかしその反面期間工ブログを運営している人の中ではスーツ派が多い印象があります。

因みに私個人の考えですが私は以前1度期間工の面接に私服で参加して合格した経験があるので服装はあまり合否に影響を与えないのではないかと考えています。

ただ最近はスーツで面接を受けている方が圧倒的に多いのが現実で私の所感だと9割ぐらいの方はスーツで面接を受けている様に思っていてそんな状況で自分一人だけ私服なんて状況に遭遇したら結構気まずいですよね。

なので、面接の合否にはあまり影響しないと思うけどスーツの方が良いというのが私の考えです。

さて、トヨタの面接内容ですがまず面接の説明や雇用契約についての説明から始まります。

一通り説明が終わるとすぐに個人面接に移りました。

個人面接で聞かれることは主に以下の6つです。

  1. 志望動機
  2. 現在の健康状態や過去の病歴
  3. 借金の有無
  4. タトゥーの有無
  5. 期間従業員や工場勤務、交代勤務の経験
  6. 期間工は誰でもなれるが誰でも続けられる簡単な仕事ではないことを理解しているか

以上の内容について聞かれます。

私の場合志望動機と前職の期間工をしていた工場について根掘り葉掘り聞かれたので受け答えの内容によっては結構しつこく質問して来ることもあります。

上記で書いた面接で聞かれることは多少突っ込んで聞かれても答えられる様にしておいた方がいいと思います。

それとトヨタはきついけど本当に大丈夫?と何度か念を押されました。

会社としてもせっかく雇ったのにすぐに辞められては迷惑ということだと思うので面接を受ける際はそれなりの覚悟を持って行かれた方がいいと思います。

面接自体はこれで終了です。

他社、例えばホンダであればクレペリン検査、デンソーであればトランプ配りの様な会社独自の試験や検査もなく今までで一番あっさり終わったという印象があります。

面接結果は後日電話か書面での通知どちらかで来るそうですが私は書面で合格が通知されました。

 

なぜトヨタの期間工にならなかったのか?トヨタ期間工の面接を受けたその後

ここまでトヨタ期間工の面接について軽く説明してきましたが実は私はトヨタの期間工になることを辞退しました。

理由は非常に簡単で私にとってトヨタの期間工は滑り止めで他に第1候補の会社があったからです。

その第一候補の会社というのがデンソーの期間工です。

トヨタ期間工の面接を受けた後すぐにデンソーの面接を受けていてそちらで合格を頂くことができたのでトヨタの方はお断りするという形になりました。

ネット上ではなぜか期間工は1社ずつ面接を受けている方が多くて第一候補の会社に落ちたら次の会社を考えるという書き込みをよく見かけましたが、個人的にこれは時間がもったいない様に思ったので私は本命の会社と滑り止めの会社を両方受けるという方法をとりました。

本命の会社に落ちたらどうしようと悩んでいる方が多くいらっしゃる様ですが期間工は募集の枠が埋まっていない様であれば基本的に誰でもなれる職業です。

2社か3社受ければほぼ確実に雇ってくれると考えていいレベルです。

ですので、これから期間工の面接を受けようと考えている人には複数社を同時に受けることをオススメしたいです。

 

どうしてデンソーの期間工を選んだのか。期間工の会社の選び方とは?

この記事を読んでいる人の中には『せっかく受かったのにトヨタを蹴るなんてもったいない!』と感じる方もいることでしょう。

トヨタの期間工は日給も満了金も高いですし正規登用の枠も多くて正社員になりやすいと言われているのでそう感じるのは当然かもしれません。

しかしこれは期間工経験者の方ならすでにご存知のことだと思いますが期間工の会社を選ぶ時、最も重要になって来るのは『自分が期間工に対して何を求めているか』です。

例えば最短の3ヶ月で辞めたい、半年で稼げるだけ稼いで辞めたい、正社員になりたい等あなたが期間工に対して求める事で行くべき会社はまったく変わってきます。

私の場合1年から1年半ぐらいでガッツリ稼ぎたいと思っていたのでこの考えに1番あっているデンソーの期間工を選びました。

 

トヨタ期間工になってもいい人

では、どんな人がトヨタを選ぶべきなのか、私の考えを少し書いてみます。

私が前職を辞めて次どこの会社で期間工をするか考えていた時、2chやブログなど色々なところで情報収集をしていましたが、トヨタの情報は主にこのエンジョイ期間工というブログから集めていました。

そこから得た情報はこちらです。

  • 1年目の年収は手取り約350万円
  • 残業は1日1時間程度で部署によっては全く無い場合もある
  • 仕事内容は他社と比較して特出してキツイわけではなさそう
  • 人間関係は言われている程悪く無い
  • 高い確率では無いが良い寮に住めることもある
  • 正社員には割となりやすい

個人的な印象としてはそこまで残業が多いわけではなくどちらかというと期間工の中では少ない部類に入るけど、その分日給の高さと満了金の高さで補っているなといった感じで、実際の所得でいうと期間工の中でちょうど中間ぐらい、2年目3年目になって来ると日給、満了金共に上がってきて旨味があるという風に感じました。

おそらくそこまで残業がしたくなくて3年満了する予定があったり正社員になりたいと思っていたりする人にはトヨタは向いている様に思いますが、私の様な1年という期間でガッツリ稼ぎたいという人には向いていない会社の様に思いました。

 

デンソーの期間工になってもいい人

では次に私が実際に入社したデンソーについて、私が入社前に得た情報と実際に入ってみてどんな人に向いていると思ったかを紹介していこうと思います。

まず私がデンソーの面接を受ける前に参考にしたブログがこちらです。

私の場合は給料や職場環境、通勤時間、寮の環境について注意して情報を集めていました。

それで、こちらのブログで得た情報と実際の経験を元に考えたデンソー期間工の特徴がこちらになります。

  • 残業が多い
  • 残業に加え深夜手当も多いので給料は高い(手取り年収400万円以上)
  • 寮のレベルは低い
  • 例外なく寮の立地は悪い
  • ネットの掲示板で言われているほど変な人は多く無い
  • 仕事内容は他社と比較して明らかに楽
  • 女性が多い
  • 食堂のご飯は値段が高いのに他社より美味しく無い
  • 通勤時間は平均的に見ると短い方

こんな感じでしょうか。

何よりもお金を重視するならデンソー以外無いと思いますが、生活の質などお金以外のことを考えたら正直他社の方がいいと思います。

私の状況を例にお話させてもらいますが残業は月40時間前後で月の給料は手取りで20万円後半から多い時は30万円と期間工の中でも明らかに高水準の金額になっています。

スバルなどもブログを見ていると月30万円ほど貰っている方もいますが、この中には皆勤手当などが含まれていてデンソーの場合そういった手当は契約満了時に全て支払われるので月の給料はスバルなどと変わらない様に思われがちですが、年収ベースで見るとだいぶ変わってきます。

しかしその反面ネットの情報にある様に食事や寮の質と立地は他社と比較しても圧倒的に悪いと言えると思います。

例えば食事です。

私が以前期間工として勤めていた会社では350円もあれば大盛りが無料で小鉢が2つ付いた定食を食べることができましたが、デンソーでそれと同じ量の定食を食べようと思ったら600円はしますし、味も以前勤めていた会社の350円の定食の方が美味しくてデンソーの600円以上の定食の方が美味しく無いという不思議な現象が起こっています。

そのせいで休日はみなさん食堂を利用しないので日曜日の食堂の運営が取りやめになってしまうぐらいです。

普通他社であれば食堂を利用すると無駄なお金を使わなくて済むので節約になるし、コンビニの弁当よりも美味しいからと積極的に会社や寮の食堂を利用する訳ですがデンソーでは真逆の現象が起きています。

こういった給料以外の部分のマイナスポイントがデンソーには多くあるのでそういった部分が気になる様であれば、日産やスバルといったデンソーの次に稼げる会社に行くのもいいと思いますし、ホンダの様なそこまで稼げないけど残業がなくてしっかり休息を取ることのできる会社に入るというのも手だと思います。

 

会社選びはどのくらい稼ぎたいのかなどあなたにとっての給料とプライベートのバランスが大事

ここまでトヨタやデンソーの期間工に付いて説明してみましたが期間工を募集している会社は他にもあります。

例えばホンダ、スバル、日産、ダイハツ、マツダなどみなさんご存知の会社です。

どの会社も基本的には大企業と言われている会社で他の会社に比べると労働組合も機能していて変な会社は少ない傾向にあります。

しかしみなさんが期間工という仕事に何を求めているかによっては『残業が多くて辛い』と感じてしまう人もいれば『残業もあまりなくて思ったより給料が低い』と感じる人もいますし、『これだけの給料を貰えるのならぼろい寮でも気にしない』という人もいれば『多少給料が落ちても綺麗な寮の方が総合的に得』と感じる人もいることでしょう。

基本的に期間工を募集している会社はそれぞれの特色がうまく別れていて『それなりに稼げれば良いから長時間働きたく無い』と思っている人は残業の少ないホンダ、『寮が綺麗で立地がいい方が家賃分得』と考えるのなら日産、『他を犠牲にしても兎に角稼ぎたい』というなら働く期間によって残業が多いデンソーや入社祝い金の多いマツダといった様な感じでみなさんの希望によって会社を選ぶことができるので、これから期間工になろうと会社を探しているのであれば今一度なぜ期間工になりたいのかを振り返ってみるといいかもしれません。

 

実際に期間工になってぶっちゃけどう?良かった?悪かった?

最後に私が期間工になってどうだったかという感想を『期間工という職業を選んでよかったか』と『今デンソーに入社して良かったか』の2つに分けてお話しして終わりにしたいと思います。

 

期間工という職業を選んでよかったか

私個人の感想としては期間工という職業を選んで良かったと思います。

初めて期間工になってから今日まで、私が就職できる様な企業で働いていたら絶対に不可能な勢いで貯金ができているのは期間工を選んだからだと思っています。

現在は期間工をして貯めたお金を使って進学してアルバイト等をせず試験に専念して国家資格を取って所得や社会的地位の高い仕事に就職するという目標を持てましたが、期間工になっていなかったら金銭的な問題で進学など絶対に無理だったと思います。

私に取ってステップアップの機会を与えてくれたのが期間工という職業です。

 

今デンソーに入社して良かったか

これはデンソーが思った通りの待遇だったかという意味ですがデンソーを選んで良かったと思います。

むしろ初めからデンソーを選んでいれば良かったとすら思っているぐらいです。

私の場合は進学した時の学費と生活費のほぼ全てを期間工で貯金して資格の勉強期間は勉強に専念するため仕事をしないでいい環境を作りたいと考えています。

そんな私に取って年間300万円以上、認められてはいませんが副業をすれば400万〜500万円を貯金できる環境は魅力的でしたし実際に入社して今の月収ベースで年間400万円以上の貯金は十分可能なので非常に満足しています。

確かに残業は多いですし寮や食堂はお世辞にも良いとは言えませんが私に取って期間工はお金を貯めるための職業だと思っているのでなんとか我慢できています。

マイナスの面を差し引いても良かったと言えます。

 

みなさんも期間工という仕事の特徴を生かしてステップアップを目指して見ませんか?

おそらく期間工になろうと思っている人のほとんどが普通に就職したら期間工より待遇が落ちる様な職場にしか就職できない人だと思います。

実際に私もそうでしたし同期の話を聞いていてもほとんどがそういった人です。

私も同じなのでそのことを悪くいうつもりは一切ありませんが、今のまま期間工になって限られた期間だけ待遇が良かったとしても期間工を辞めてしまえば期間工時代より低い待遇が待っています。

かといって期間工にならなければ現状の待遇が続くだけという可能性もあります。

ならば期間工をステップアップの場と考え貯金や自己投資に専念して『次』に繋げるというのは有効な様に私は思います。

期間工の待遇に胡坐をかいていてはよくありませんが期間工の特徴を生かせれば期間工からのステップアップは十分可能です。

是非みなさんも期間工という選択肢を1度考えて見てはいかがでしょうか?

現役デンソー期間工がまとめる、デンソーってどんな会社?給料は?求人情報は?

今みなさんが期間工についてネットで調べているなら『デンソーの期間工は1番稼げる』という書き込みを一度は見たことがあるのでは無いでしょうか?

しかし私もそうでしたが、デンソーという会社を初めて見聞きしたという人も多いとでしょう。

今回はそんな謎に包まれたデンソーの期間工について現役のデンソー期間工が紹介していこうと思います。

期間工でガッツリ稼ぎたいと思っている方は是非参考にしていただけたらと思います。

 

デンソー期間工の求人ってあるの?

ネットでは稼げると話題のデンソー期間工ですが、いざ有料職業紹介サイトや派遣企業のサイトで探してみると求人が見当たらない、もしくは求人自体は見つけることはできたけど現在募集がされていなくて本当にデンソーは期間工を募集しているのか疑わしいなんて思っている人はいませんか?

実際に期間工求人の最大手である期間工.jpさんのサイトにもデンソー期間工の求人は出ていなく2chやブログであれだけデンソーが話題になっているのに『あれ?』と思われる方も多いと思います。

実はデンソーという会社、現在稼働している申し込みの窓口はハローワークとデンソー公式ホームページの採用情報のみとなっています。

派遣会社などを通すと入社祝い金などが支給されるメリットがありますが残念ながらデンソーにはそういったメリットがありません。

入社祝い金などを目的に3ヶ月など短期で仕事をやめる予定の人はデンソーは選択肢から外したほうがいいと思いますが、そうではなくそれなりに長い期間働く予定という方は公式サイトへ行けば期間従業員の募集をしていますのでそちらから申し込みをしてみてください。

 

デンソーってどんな会社なの?仕事内容は?

大手の求人サイトに求人を出していないしそもそも名前も聞いたことがないからいくら稼げるからといってデンソーに申し込むのは少し抵抗があるなと思っている方はいませんか?

実は私も初めは同じ様にデンソーの求人に申し込むのに少し抵抗がありました。

私が抱えていた最も大きな不安は 『トヨタやホンダの様に有名な会社じゃないみたいだし稼げる代わりに労働環境が劣悪なんじゃないの?』というものでしたがみなさんはどうでしょう?

しかし先入観でデンソーを選択肢から外してしまうのは実は物凄く勿体無いことなのでここではデンソーという会社がどの様なことをしているのか、デンソー期間工の仕事内容など、どの様な作業をしているのか紹介していこうと思います。

 

そもそもデンソーってどんな会社なの?

正式名称は株式会社デンソーという会社で実は物凄く大きな会社です。

愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーで現在は化粧品やバイオ分野にも手を伸ばしており、関東より北側にお住いの方にとっては馴染みのない会社ですが中部地方では非常に有名な会社だったりします。

私は関東に住んでいた人間なのでお恥ずかしながら期間工になるまでデンソーという会社を名前も聞いたことがなかったんですがなんと自動車部品の世界シェア第1位を維持している上場企業でTOPIX Core30の構成銘柄の一つというまさに日本を代表する会社なんです。

現在会社としては非常に幅広い分野に手を出していますが我々期間工が関わる業務はデンソーのメイン事業である自動車関連の事業になります。

 

デンソー期間工の仕事内容は?労働環境はブラックじゃない?

まずデンソー期間工の仕事内容ですが、車に取り付ける部品やパーツの製造が主な仕事になっていてフォークリフトなどの免許を持っていないほとんどの人がこの仕事につくことになっています。

具体的な作業内容ですが、簡単に3つの仕事に分類できると思います。

  1. カーエアコンやエンジン周りなどのパーツを製造するのに必要な部品を製造する仕事
    この仕事はしている部署に配属された場合、顕微鏡を使って製品に不具合がないか確認する仕事につくことになると思います。
    現在デンソーの部品製造はほとんど自動化させていて機械が部品を作っているので人が部品の製造に関わることはあまりありません。
    基本的に機械から出てきた部品を顕微鏡でひたすらチェックする、という作業になります。
     
  2. 製造された部品を加工管理する仕事
    1で製造された部品や他社から仕入れた部品を洗浄したり様々な方法で加工したりするのが主な仕事になります。
    ここはライン作業ではなくバケットに入った鉄の部品を出し入れするのが主な作業になるので結構重労働だったりします。
    同僚がここの部署の配属されているんですが、機械の関係で工場内でも特に暑いらしく夏場は大変だそうです。
     
  3. 製品を組み立てるライン作業 この仕事は他社の車体系期間工と同じ様なライン作業が主な仕事になります。
    1で製造され2で加工された部品を製品の枠組みに取り付けていくのが仕事になっているのでインパクトを使ったりします。
    デンソーの中でも作業もハードで残業も多い仕事になっているので稼ぎたい人にとっては一番向いている部署かも知れません。

 

基本的にどの仕事も楽だったり大変だったり違いがありますが慣れれば誰でもできるということは共通しているので初めは辛いと感じるかも知れませんがばっくれたりはせず頑張って続けてほしいと思います。
次に労働環境です。
ネットでデンソー期間工について調べてみると色々なところでデンソーは期間工の中でも最も稼げる会社という風に書き込まれています。
しかしそれが逆に酷い労働環境からくるのではないかと勘ぐってしまいますよね?
特に期間工に転職しようと考えている人の中には前職がブラック企業でやっていけないから一度期間工をしながら体制を立て直して再就職しようと考えている人も多くいてそんな人にとって上場しているからとか業界大手なんて肩書きが必ずしも職場の労働環境にプラスに影響する訳ではないというのは身にしみていると思います。
トヨタやホンダほど大きな会社になってしまえば労働組合も機能しているのでさほど心配する必要もありませんがデンソーはどうなっているんだろう?と少し不安に思うかもそれません。
しかし安心してください。
実際に私が働いている上での印象ですが、現在のデンソーは職場環境も悪いものでもありませんし労働組合もしっかり機能しているので劣悪な環境下での労働は一切ありません。

むしろ他社のいわゆる車体系と言われている期間工より簡単な仕事が多いので疲労感で言ったらデンソーの方が良いと私は思っています。

確かに他社と比べて残業時間が多いのでそう言った意味では大変かも知れませんが一部生産が極端に追いついていない部署以外は月の残業時間も40時間以下に収まっていますし残業が多い分、手当もしっかり支払われるのでデンソーはホワイト企業と言って良いんじゃないかと私は思います。

 

デンソー期間工の面接はどうなっているの?

ここまでデンソーについてとデンソー期間工の仕事内容について説明してきましたがここからは実際にそのデンソーに入社するために行われるデンソー期間工の面接についてお話していこうと思います。

 

デンソー期間工の面接に申し込む方法や面接会場について

まず面接を受ける前に面接への申し込み方法など気をつけなくてはいけない事について説明していきます。

デンソー期間工の面接は他社の期間工の面接の様に民間の派遣会社や有料職業紹介事業者から申し込むことができません。

基本的に沖縄の方はハローワーク、沖縄以外にお住いの方はデンソー公式ホームページより申し込む形になるので、他社の様な入社祝い金などの制度は無いということを理解してから申し込みを行った方が良いでしょう。

沖縄のハローワークから申し込む方は面接会場も沖縄になるので問題なく面接の方受けてもらえると思いますが他県の方は公式ホームページから申し込む際に面接会場を選択する形になりますがここで少し注意が必要になってきます。

実はデンソーは通常時はあまり広範囲に面接会場を設けていません。

東京都、愛知県、三重県、沖縄が主な面接会場になっていて募集状況に合わせて会場を増やしていくという様な形をとっています。

デンソーが少数の募集で済ませてしまいたいと考えている時は東京にすら会場を設けていない事もありますし、逆に人員不足な時は北海道にも面接会場を設けている事もあります。

全国的に募集している時は募集枠も広く受かりやすいですし会場にも気軽に行くことができますが閑散期などは枠も狭く受かりにくい上に愛知や三重まで出て面接を受けなくてはいけません。

これは極端に募集の枠が少ない時以外は基本的に全国に面接会場を設けている他社の期間工と比較してデンソーの期間工は少々ハードルが高い様に思います。

極端に面接会場が少なくてご自身のお住いから会場が遠い場合はデンソーは諦めて他社の面接を受けるというのも一つの手かも知れません。

 

デンソー期間工の面接はどの様なことが行われているのか

では次にデンソー期間工の面接でどの様なことが行われているのか私の経験を元に説明していきます。

まずは服装に関してです。

ネットの情報を見てみると2chやブログで面接時の服装について色々なことが書かれています。

私服で問題ないという方もいればスーツで行くのが常識と考えている方もいます。

他社も含めてですが私は私服でもスーツでも合格したことがあるので個人的に服装に関してはどちらでも良いと思っていますが、会場の空気感というのは尊重すべきではないかなと思っています。

周りの人がほとんど私服で来ているのにスーツで面接に行ってしまった場合それが世間一般の常識であってもそれはそれで目立ってしまいますし、逆にスーツばかりのところに自分だけ私服で面接を受けてしまった場合『この人は常識がないのか?』と思われて浮いてしまう危険性もあります。

周りに合わせるというのが一番無難かなと思うのですがデンソー期間工の面接の場合はほとんどの方がスーツで来ていましたのでスーツで面接を受けることをオススメしたいなと思います。

私が受けた面接では13名ぐらいの方が面接を受けに来ていましたが私服は1人だけで他の人は男女共に全員スーツでした。

もし私がその時私服で参加していたらすごく気まずい気持ちになっただろうなと思ったのでスーツで面接に行って良かったなと思っています。『そんなの関係ない!!!』 と思っている方は問題ないかも知れませんがそうでないのなら今はレンタルスーツなどもありますからスーツを持っていないという方もどうにかしてスーツを用意された方がいいのかなと思いました。

 

デンソー期間工の面接で聞かれること

私の受けたデンソー期間工の面接会場では2つの事が行われました。

全体で行われる契約内容や工場の場所など雇用契約に関する説明と個別に行われる面接です。

雇用契約に関する説明は面接会場のテーブルにあらかじめ配布されている用紙を見ながら行われ、給料や入寮に必要な条件など、どの様な契約の元働くことになるのかということを30分ぐらいかけて説明されその後会場についた順に個別の面接に移ります。

個別の面接は面接官の方と自分の1対1で行われて志望動機、入寮するかどうか、工場経験や交代勤務経験の有無、どのくらいの期間働く予定なのか、社員になることを希望しているかなど聞かれトランプ配りという指先の動きを見るテストをして最後に合否通知を入れる封筒に自分の名前と住所を記入して終わりという形でした。

トランプ配りについてどの様なものかわからないと思うので少し説明させてもらいます。

トランプ配りは指定された場所にトランプを配って行くテストです。 机の上に下の画像の様なイラストが印刷された紙が置かれます。

まずトランプの束を持つ手が左ならAに右ならBに手を固定して自由になっている方の手でカードの束から1枚ずつ紙の1〜4の場所へ順番にカードがなくなるまで配って行くものになっています。

手の器用さや動きの速さを見るためのテストなので極端にもたつく事がなければ問題なくクリアできると思うので1度練習して見ると良いかも知れません。

 

面接で使える回答例

それでは次に私がデンソー期間工の面接で実際にどの様な回答をしたのか、なぜその様な回答をしたのかを紹介していこうと思うので今後みなさんがデンソーの面接を受ける際のヒントにしてもらえたら嬉しく思います。

  1. 志望動機
    私の場合は確か『なぜデンソーの期間従業員になろうと思ったんですか?』という様な聞かれ方をしたと思います。
    その質問への回答ですが私は『資格の予備校に必要な学費とその時の生活費を貯金するために御社で期間従業員して働かせていただきたいと思いました。』という様なことを言いました。
    なぜこの様な回答にしたのか理由ですが、今までの期間工の経験から現場が一番迷惑だと思っていることはすぐに辞めてしまう人やいきなりバックレる人なので私は貯金が目標金額を達成するまで辞めないのでバックれたりしませんよというアピールになるかなと思ったからです。
    たまに期間工の面接方法を解説しているサイトなどでお金を志望動機にするのは辞めた方がいいと書かれている事がありますが私はむしろお金を志望動機にして行くべきだと思っています。
    500万円以上の金額を貯金目標をしていることにすれば少なくとも2年は辞めない訳ですし人によっては3年かかることもあります。
    私は以前働いていた工場で新人が入るたびに『こいつ1年ぐらいは辞めないよな?』と思っていました。 正直現場としてはバックレるのは論外として半年とかで辞められると引き継ぎなどの関係で手間がかかってしまうので最低でも1年は居て欲しいと考えているというのが私の持論ですのでなるべく長く働ける、バックレることは絶対にないということをアピールできる志望動機にするといいのではないかと思います。
     
  2. 期間工として働く期間
    私の受けた面接では『どのくらいの期間働く予定ですか?』という様なことを聞かれました。
    私の場合は『3年間働いて目標の貯金金額より少し多めに貯金したいと思っているので御社の方で許される限り働かせていただきたいと思っています』と答えました。
    先ほどの1でも説明しましたが現場としてはなるべく長く勤めてもらった方がありがたいと考えていますし、基本給や満了金の上昇することを考えて会社側としても同じ人になるべく長く勤めてもらって製品の品質を安定させたいと考えていると思います。
    なので、フル満了したいというのは会社としてマイナスになることはないと思うので嘘でもフル満了すると伝えた方が合格率は上がるのではないかなと思います。
     
  3. 工場や交代勤務の経験について
    この質問に関しては正直に答えた方がいいと思います。
    私は前職も期間工だったので工場、交代勤務の経験共にありますと答えました。
    交代勤務の経験がなかったとしても夜勤の経験があった場合はそのことも話した方がいいかも知れません。
    実際に期間工として働いていると感じることですが、意外に夜勤が苦手という人は多くて休憩時間に眠ってしまってそのまま10分ぐらい遅刻している人を見た事があります
    なので、夜勤ができるというのは雇う側からすると少し安心感があるかも知れません。
     
  4. 社員登用を希望するかどうかについて
    私の場合は初めに予備校へ行くと話して居たので一応確認だけという様な感じで『一応確認ですが、予備校に行くという事だから正社員には興味ないよね?』と聞かれました。
    私は『はい、社員には興味ありません』とはっきり答えました。
    しかし現在デンソーに勤めていると会社としては社員登用を受けてくれる若者を欲していると感じます。 実際にデンソーは年々社員登用の枠を増やしていて、現場は正規の高齢化が激しいのが一目でわかるので会社としては若い人員の確保は結構本腰を入れている様に思います。
    志望動機などで矛盾が生まれない様であれば社員登用には興味があると答えておいた方が合格しやすいのかも知れません。

 

女性でもデンソーの期間工になれるのか?

インターネットの掲示板や知恵袋などを見ていると、女性で期間工になりたいが会社選びに悩んでいる、女性でも務まるのか不安だという人をよく見かけます。
確かに期間工といえば過酷な肉体労働というイメージで男の職場と考えてしまう事でしょう。
しかし実際のところ女性の期間工というのも一定数いるのも事実で会社によっては1/3が女性の会社や半数以上が女性の部署というのも存在しています。
なので、女性が期間工になる場合、会社選びさえ間違えなければ問題なく仕事を続けていけると思います。
例えば、今回紹介しているデンソーは他社と比較して女性の期間工が多い会社になっていて実際に私が配属されている部署も1/3ほどが女性です。
管理職を勤めている女性もいるのでそういった部署に配属された場合女性でも気楽に仕事ができると思います。
逆にホンダ埼玉製作所は女性の割合は1割以下で寮もフロアで別れているとはいえ男性と共用になっているなど女性にとってはだいぶきつい会社になっているなど会社によって女性の働きやすさは千差万別です。

ネットの情報を見てみると女性の方が『もうあそこの会社には絶対に行かない』と書き込んでいる方もいる一方、デンソーなんかは私が入社した時、出戻り組(満了退職後再就職)の女性期間工が多かったのが印象的でした
なので、女性で期間工をされたいと考えている人はデンソーは是非選択肢の一つに入れて欲しい会社だと思っています。
因みになぜデンソーには女性の期間工が多いのかですが、デンソーはいわゆる部品系と言われる部類の会社になっていてホンダやトヨタのような車体系と言われる期間工より肉体的負荷が少ないと言われています。
事実私も車体系の期間工からデンソーに転職しましたが前職と比較して楽だなぁと感じています。
体力的に自信がないという方も部品系の会社であるデンソーは一考の余地アリだと思います。
 

デンソー期間工は正社員登用制度に力を入れているって本当?

ネットの掲示板などで『デンソーは社員登用に力を入れ始めている』という書き込みを稀に見かけることがあります。

これから正社員になるため期間工になろうと考えている人にとってこの情報は魅力的に映ることだと思いますが、その反面この情報がほんとかどうか気になりますよね。

しかし心配はいりません、『デンソーは社員登用に力を入れ始めている』という情報は本当です。

面接の項目でも触れましたが現在デンソーは社員登用に興味を持っている若者を積極的に求めているように思います。

実際に社員登用の枠も年々広げているので若くて体力のある働き手を求めているのでしょう。

現在私の勤めている工場では定年退職後の再雇用で働いている人の数が非常に多くて数年後その方達が退職した時深刻な人手不足になるのが簡単に想像できてしまう様な状態になっているので『正社員になりたい!』と思っている人はデンソーで期間工になるというのもありだと思います。

 

実際にデンソーで働いている期間工のブログを見てみよう!

では次に実際にデンソーで期間工をしている人や過去にデンソーで期間工をしていた方のブログを紹介していこうと思うので是非そちらでも生の声を聞いて見てください。

  1. 俺の人生エラーだらけ
    こちらのブログは以前デンソー善明製作所で期間工をしていたふぐりさんという方が運営しているブログです。
    ふぐりさんはフル満了者でもあるのでデンソーについて非常に詳しくブログの方に書いてくださっています。
    現在はデンソーを満了して他社で正社員として働いているそうなので期間工後の就職という期間工が避けては通れない苦労についても書かれています。
    コメント等でも質問があると丁寧に回答してくださっているのでデンソーの期間工について気になっていることや現在デンソーで期間工をしていて何か悩んでいる様なことがあった場合ふぐりさんに相談してみるというのもいいと思います。
     
  2. アニオタ期間工の期間工比較ブログ
    こちらは2017年現在、現役でデンソー期間工として働いている豚野郎さんという方が運営しているブログです。
    豚野郎さんは西尾製作所勤務の方でまだデンソーに関する記事は少なめですがこれからリアルタイムな情報が更新されていくでしょうからこれからデンソーの期間工になりたいという方は是非チェックしておきましょう。
    因みに豚野郎さんは以前ホンダでも期間工をしていたそうなのでホンダの期間工にも興味がある方も覗いてみるといいかもしれません。
     
  3. デンソー期間工ってどうよ?
    こちらは以前デンソーで期間工をしていたコウさんという方が運営しているブログです。
    現在は更新が止めっていて記事自体も少ないですが年間の給料をまとめているので、デンソーの期間工になろうと考えている人のほとんどの方が気になるであろう『お金』に関する情報がわかりやすくまとめられています。
    期間工にとって給料は最も重要な情報になると思うので確実にチェックしておきましょう。

 

まとめ:女性も男性も正社員になりたい人もデンソーの期間工で稼いじゃおう!

ということでここまでデンソー期間工の情報をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
私も現役のデンソー期間工としてこの記事を書いていく上で新しい発見などもあって、これからデンソーの期間工を志す人にとってはそれなりに役に立つ記事が書けたのではないかなと自分のことながら思ってしまいました。
デンソーは女性も男性も正社員になりたい人にとってもお勧めできる会社になっていてそれに加えて期間工を募集している会社の中でも稼げる会社になっています。
正社員になりたい!稼ぎたい!と期間工になる人の目的は様々ありますがデンソーは期間工になりたいと思う人には最も適している会社の様に思いますのでもし期間工の求人を募集している様であればデンソーの期間工についても1度真剣に検討してもらえたらなと思います。
最後にデンソーの公式ホームページの期間従業員募集ベージへのリンクを貼っておきますので最新の情報も確認して見てください。
株式会社デンソー期間従業員採用情報

工場の派遣社員の実態とは?もっと稼ぎたいあなたにお得情報!

派遣社員として工場系の求人を探している、けれど派遣社員だと待遇や収入が気になりますよね。

確かに工場系の派遣は、学歴や資格を問わず未経験者でも採用されやすいメリットを持つ仕事です。

しかし、派遣ゆえに待遇があまり良くない、仕事の割には意外と稼げないといった実態もあるようです。

そこでオススメなのが「期間工」の仕事です。

期間工は、寮完備といった福利厚生の充実や、また、報奨金など工場派遣にはないメリットが多くあります。

ここでは、工場で派遣社員として働くことを考えている人向けに期間工の仕事内容やメリット、そして募集している会社について紹介します。

工場派遣は意外と稼げない!?待遇はどうなの?

せっかく働くのであれば、できるだけ高い時給で働きたいですよね。

工場で働く派遣社員の求人で最も多く募集されているのが、部品の検査・組み立てのお仕事です。

多くの派遣会社の求人では、時給1000~1500円が相場です。

時給1000円だとすると、8時間勤務で日給8000円。

これに加えて毎日平均1時間残業したとすると日給9000円になります。

土日休みの週休2日であれば月に22日勤務日があるとして、月収19万円。年収に換算すると237万6000円になります。

もちろん、人によってはもっと残業して稼ぐ方もいますし、時給が100円高ければ年収は260万円近くになります。

それらを考えると工場派遣の年収は250万円程度といえます。

年収250万円の場合、月収は約21万円です。

しかし実際はここから所得税などが控除され手取りは16万円ほどになってしまいます。

一般的には手取り16万円であれば、ひと月にかかるお金は11万~12万円と考えられるので、手元に残るお金は4万~5万円前後になります。

自由に使えるお金が4、5万円というのは趣味に使う、貯金をしていくにはちょっと少ない気がしますね。

しかも、工場派遣の仕事は単純作業ながらも体力的にかなりきついとされています。

年収250万が働いた分に見合う報酬かどうかは悩む方も多いと思います。

期間工は未経験のあなたでも稼げるお仕事です

そんな工場での派遣社員に迷う方におすすめのお仕事が「期間工」です。

期間工とは、主に自動車メーカーの製造工場で働く契約社員のことを言います。

主な仕事内容は、部品の組み立て、検査といった単純作業であり、学歴や特別な資格なく誰でも働ける点は工場派遣と変わりません。しかし、工場派遣にはない大きなメリットが2つあります。

・高給

1つ目のメリットとして、高給であることです。

一般的に期間工の平均年収は平均350~450万円と言われています。

工場で働く派遣社員の約1.4倍です!!これは学歴不問の仕事の中で最高ランクです。

・高待遇

もう1つの期間工のメリットと待遇のよさがあります。

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶため、その分の中間マージンが取られてしまいます。

一方で、期間工は各メーカーとの直接雇用契約になるため、中間マージンもなく、メーカーの規定に準じた福利厚生などをしっかり受けることができます。

例えば、トヨタの期間工としては働くのであれば、契約上トヨタの社員です。

しかも、期間工では寮を完備している会社が多く、水道光熱費も無料で、会社によっては食堂や食費補助もあるので、生活費を節約することができます。

これは実質、実際よりも高い年収を得ていることになり、貯金もしやすいです。

以上のように期間工は経験や資格がなくても誰でも働ける派遣社員の特徴を持ちつつ、更に高給・高待遇といった強力なアドバンテージを持った仕事といえますね。

さぁ今すぐ期間工求人をチェック!

ここでは実際に期間工のいくつか求人を紹介します。

■株式会社トヨタ

業種:自動車

仕事内容:自動車製造に関する各種作業(組み立て・溶接)

職場:愛知県トヨタ主要11工場

給与:月収例278,250円~300,970円

勤務時間:連続2交替制勤務

休日:土 日

福利厚生:独身寮完備・光熱費無料、食事手当、満了慰労金・報奨金

選考会場:全国

自動車最大手トヨタの期間工の求人です。さすが業界No.1だけあって待遇は申し分ありません。

月収例に幅があるのは就労回数によって基本給が変わってくるためです。

大きな特徴は満了慰労金と報奨金も大きな特徴です。3ヶ月満了であれば30,500円の手当が貰え、その中で遅刻・欠席等なければ91,500円の報奨金も合わせて貰うことができます。勿論満了月に合わせてグレードはあがります。

まさに、頑張ったら頑張った分だけの対価が貰える求人だと言えるでしょう。

面接について実際の経験者に聞くと、健康で返答がはっきりできる人が受かりやすい傾向にあるようです。

■株式会社マツダ

業種:自動車

仕事内容:部品加工・組み立て・塗装)

職場:広島県本社工場・山口県防府工場

給与:月収例290,000

勤務時間:昼勤 08:15~17:00 / 夜勤 20:15~05:39(工場によって差異あり)

休日:土 日

福利厚生:完全寮完備・光熱費無料、入社祝金、食事手当、皆勤手当、特別手当、慰労金、

     割増金

選考会場:全国

こちらも大手マツダの期間工の求人です。

なんと入社祝い金が40万円。規定を満たしすべての特典を獲得できれば、初月収で90万円得ることも可能なようです。

また、正社員登用制度もあり、過去5年で640名の実績があります。契約社員からゆくゆく正社員を狙っていくキャリアパスもありかもしれません。

面接会場への交通費も全額負担してくれるので、地方から出稼ぎに出たい人にもおすすめです。

しかも、採用活動を外部に委託しており、面接のサポートをしてくれるパターンが多いので、就職活動の経験が少ない人でも安心です。

まとめ

本記事では派遣社員として工場で働くことを考えている人向けに「期間工」という仕事をおすすめしましたが、いかがでしたでしょうか。

期間工は寮が完備されているため、身一つですぐに働くことができます。

更に派遣社員に比べて高給・高待遇ですので、安心して頑張ることが出来ます。

ほとんどの求人が電話やWebでの24時間受け付けを行っていますので、この記事を読まれて気になった方は、まずは気軽に応募・相談してみてはいかがでしょうか。

この記事の内容が、派遣社員で働くことを考えていた人に新たな選択肢を提供でき、お役に立てられたら幸いです。

このブログは、スバル・アイシンAW・ホンダ等の現役・元の期間従業員(通称:期間工)からの情報をお届けしています。

本ブログに掲載されている写真・文章の無断利用はご遠慮ください。
写真・本文の引用を希望される方は、コメントフォームよりご連絡いただき、本ブログへのリンクを明記した上でご利用ください。