読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【期間工集合!】みんなで描く期間従業員日記@tiresias.org

現役期間工、元期間工が、それぞれの期間従業員時代の経験を思い思いに語ります。仲間も募集中!

『事実:期間工は稼げる』100万貯めるため、なぜ「期間工」を選んだのか

せいじ お金・給料 貯金

f:id:borncrash:20170221171348p:plain

 どうも、元スバル期間工のせいじです。今は東京でこうやってライターっぽいことさせていただいたり、俳優の道を歩むため事務所に入ったりしてます。

さて、そんな僕がなぜ「期間工」という仕事を選んだのかと言いますと、まずは

「とにかく地元を出たい!!」(稼ぎたい)

という気持ちが強かったからです。

「地元」というからには田舎です。熊本県のわりと田んぼが多く並ぶあたりに僕は住んでいました。(限界集落とかいうレベルではないけど)

 

だから景色は良いのです。景色だけは

 

田舎暮らしに疑問を感じ始める

さて問題!(テッテレッ!)

Q.僕は一生この田んぼを眺めながら歳をとってゆくのでしょうか……?

 

 

A.いやだああああああ!!!! もっと賑やかなトコ行きたい!! もっと色んな体験したいよおおおお!!湯水のようにお金稼いでエビといちご食べ放題の毎日を過ごしたいよ!

 

そう思った僕は迅速に東京に憧れました。中には「東京なんてコンクリートジャングルのうんぬんかんぬん……」とか「人が多いだけでなんたらかんたら……」みたいな意見もあると思う。

だけどさ、それも含めて経験じゃん? 田舎にはできない経験が東京にはあるって言うのはホントだよ。

 

そのためにはどうしたらいいか?

お金をためるしかないでしょう! 上京資金!

 

さぁーて、次の問題!(テッテレッ!)

Q.上京するにはどれくらいお金がいるでしょうーーか?(その分稼げる?)

 

 

A.(最低でも)60万円!(自分調べ)

 

たっっっっか!!!!

アホか。60万て

俺が乗ってるバイク、ほぼ新車で乗り出し60万強やぞ? それ売ってもカバー出来へんやんけ!

 

しかも東京に移住してからの就職活動中の生活費やら、家具の購入やら考えたら100万円はないと安心できないわけです。何でも金かかるって言う意味ではホント東京は魔都よ。マジデビル

 

しかし、僕の住む田舎にはそんなに稼げる仕事なんて存在しない。ノー貯金ノースキル

ああ、医師免許でも取っとくんだったなぁああぁあ!!

 

しかも、実家暮らしだった当時、母は「実家暮らしでしっかり働くんなら家に3~5万は入れんとあかんで」というスタンス。

 

あんたも俺の敵かぁああぁああああ!!

 

まあでもそうだよね、イイ大人が「実家やから給料まるまるお小遣いや♪ PS3買ったろ!」とか言ってたらちょっとアレですもんね。あたりまえ体操~♪

 

とにかく職探し(稼ぐぞ!)

 実家に入れるお金は置いといて、当時超低収入アルバイターだった僕はとにかく「東京に出て働くために働く」という金持ちが聞いたら大爆笑して窒息しそうな事を真剣に考えていました。

 

そこで思ったのです

「寮費無料の仕事なら給料まるまる自分のもんじゃね!?」と。

 

しかも好都合なことに上京しての一人暮らしを想定していた自分にとっては良い練習台にもなるわけです。

早速「寮費 無料 仕事」とかでググりました

 

寮費無料、いわゆる「住み込み系」の仕事はいっぱいありました。例えばリゾートバイトや旅館、珍しいのでは職人の跡継ぎみたいなのとか

 

でも!

大体のところが個人事業系で福利厚生はほとんどないに等しい上に長時間労働で薄給。

寮費無料ってのは多分最初の段階で給料から差っ引いて計算されてるんでしょうね。

人材豊富じゃないトコならしょうがないと思います。誰だってそうする おれもそーする

 

こんなんじゃいつまで経っても目標の100万まで届きません

 そんな焦りの中で

最後の候補に挙がったのが期間工(稼げそう!)

です。

 

正直僕は肉体労働したくないマンだったので何とか楽そうなバイトとか、それでおいて稼げちゃう! みたいなサイトを何度も行き来してたんですね。

でも世の中そんなに甘くない。スキルも持ってないし社会人経験もない人間を楽に稼がせる企業なんて存在しません。あったとしたら絶対悪いことしてる

 

まあそんなわけで最初は「期間工? キツそうやんけ!」と、選択肢としてはミジンコのハナクソ以下の優先順位でした。

でも探しても探してもそんな稼げる仕事がない今、目を背けてはいられないと思い、各自動車期間工の公式ホームページを見たり、ネット上の口コミをキーボードが擦り切れてフラットデザインになりそうなくらい検索しました。

 

ここでやっと思い立ちます

 

俺、期間工になって稼ぐ!!

 

「期間工」の何が自分に向いていたのか?

 そうだよね、最初は「なし!」とか思ってた仕事のどこが自分にマッチしてるかって疑問あるよね。

 

簡単に言うと

  • 寮費が無料

  • 企業ならではのちゃんとした管理
  • 寮に食堂がある

  • 地元以上にド田舎

 

こんな感じ!

 

寮費が無料(稼げる!というか貯金がたまる!)

 これは当初探していた条件だから自分にマッチマッチのまいっちんぐだったワケ。

しかも給与がその他の住み込みより高い!! 裏で差っ引かれてるかもしれないことを考慮に入れても高い!!

 

寮費含む家賃って言うのは貯金クラッシャーなわけで、それ一つとっても自分が使えたり貯めたりできるお金はゴッソリ減っちゃうんです。それが無料て。なんか悪いねエヘヘ

 

企業ならではのちゃんとした管理

 個人事業をディスる気はありませんが、やっぱり企業に比べて労務管理は甘くなりがちです。親戚のトコで少し働いたことあるけど結構長時間の割に薄給だったし

 

しかし企業はそんなの許さない。しかも僕が入ったのは天下のスバル。富士重工よ!?

その辺の管理はしっかりしてました。

残業代もしっかり出るし、寮の清掃だって不衛生ではない程度にやってくれてる

 

しかもバックレずに期間満了したら慰労金というお小遣いまで出るときたもんだ!

企業がお小遣いて……俺スバルの息子になる!(他社もやってます)

 

寮に食堂がある

 コレ地味に大事よ!?

食費って抑えればだいぶ少なくできるけど、ゼロにはできない。一方で使いまくろうと思えばめっちゃ使えちゃうから。

毎食コンビニの弁当とかお惣菜食べまくってたら余裕で5万いくから。

それじゃあ貯金額減っちゃうよねーーーー!!

 

ってことで寮内食堂。ご飯とか納豆味噌汁とか食べて120円とかザラ。200円で満たすこともできるので非常に助かります。

 

地元以上にド田舎

 これは僕が赴任した群馬県の工場なんですが、マジでビックリしたのは地元より田舎だったことです。

関東って、どこ振り返っても大きなビルの一つや二つあるもんだと思ってたんで衝撃です。(田舎者です)

 

そうなるとどうだ? 娯楽がない!!

 

娯楽がないとどうだ……?

 

お金を使う場所がない!!

 

こういう方程式になりますね(メガネクイッ)

 

実際それは4ヶ月生活してみてその通りでした。

今振り返ると一番お金が貯まった理由もコレです。

 

ただ、夜のお店は駅の周辺に多いから気をつけろよ!?

同僚に「今日は○○ちゃん指名しにいくけど、一緒にどう?」とか誘われても強い意志で断われよ!?

それができたら金貯まるから

 

そう、

『期間工は稼げる!』と思っている人に一番知って欲しい答えは、

『期間工はお金が溜まる!』ってことなんだ

可処分所得だよ、可処分所得。

400万稼いだら、都心のサラリーマン換算で550万円 稼いでる人と同じ可処分所得になる。それが期間工マジックなんだ。

衣食住、

服:いらねー

食い物:食堂でいい。補助も出るし

部屋:寮費無料

これだよこれ。

 

まずは自分の「今」を受け入れて稼ぐ意識を持つ!

 自分の中で期間工に「自分が向いてるな」な部分を挙げましたが、正直向いてない部分も多いです。

 

僕は172cm、55kgのクソガリ人間だもんで、体力的にもハンデありますし、しかし製造ラインは僕の体調に合わせて止まってはくれません。1にも2にも体力勝負、力こそパワーみたいなトコあるから

 

でもいつまでも自分をそのフィールド……たとえば「ニートやってて体力に自信ない」とか、「大きな変化を嫌う性格」だとか、そういう自分を守るだけの「箱」に押し留めたままだと何も変わんないじゃん?

僕はそんな「自分に不満を持ちながらも、そこを自己肯定しながら動きたがらない自分」に無性に腹が立って、勢いで「上京する!」ってなりました。

 

もちろん「俳優になりたい」という心もありましたが今思えばそんなの「オレはBIGになるゼ!」くらい実も心も伴わない目標。いつどうやってBIGになるのよって話

 

その目標を叶えるには、第一歩は何をすべきか? をまず考えます

先の先ばかり見ず、その1歩目をしっかり見ること! それができれば必ず目標には近づくから。

僕の一歩目は期間工になると決めたこと。二歩目は面接を受けたこと。三歩目は合格して赴任したこと。四歩目は……あなたも自分の目で見てみるといい……

 

期間工は稼げるぜ!?ワイル”ドだろ”ぉ? 

そして一歩、二歩と進んでみた後、過去の自分振り返ってみ? 快感やぞ?

期間工卒業後に「うおおおお100万貯まってんじゃん!」ってだけでも僕は成長を感じたから。

嘘のない確実な成長がそこにはある――(物理的に)

 

そんな僕の真実を脳みその隅っこの温かい場所あたりに留めておいて、何か迷ったら思い出してみてください。

 

 

エンド

 

著者プロフィール f:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。

このブログは、スバル・アイシンAW・ホンダ等の現役・元の期間従業員(通称:期間工)からの情報をお届けしています。

本ブログに掲載されている写真・文章の無断利用はご遠慮ください。
写真・本文の引用を希望される方は、コメントフォームよりご連絡いただき、本ブログへのリンクを明記した上でご利用ください。