【期間工集合!】みんなで描く期間従業員日記@tiresias.org

現役期間工、元期間工が、それぞれの期間従業員時代の経験を思い思いに語ります。仲間も募集中!

トヨタ期間工の面接に受かったので全て解説してみた

※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。

 

こんにちは。

 

このコーナーはデンソーやホンダの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。

 

それでは今回はトヨタ自動車が募集している期間工の面接についてお話していきたいと思います。

 

◆トヨタ期間工の面接合格者がわかりやすく解説

まずトヨタ自動車の期間工の面接の募集についてですが、トヨタ自動車の期間工の面接へ応募するには2通りの方法があります

 

1つはトヨタ自動車の公式ホームページにある期間従業員募集情報というところに書かれている面接会場のほうを確認していただいて、直接会場のほうへ行くという方法です。

 

この方法は電話やメール等での予約の必要はなく、指定された持ち物を持ってそのまま直接会場へ行ってエントリーをするという方法になります。

 

2つ目が派遣会社または人材のあっせんをしてるような、そういった会社を通してトヨタの期間工の面接へ応募するという方法です。

 

こちらは例えば期間工.jpといったような会社を通して面接を申し込むかたちになりますが、基本的にこういったところを通して面接を申し込むと派遣会社のほうから入社祝い金だったりというものがもらえる場合もあるので、なるべくこういった会社を通して面接に申し込んでみたほうがいいのかなと思います。

 

私の場合はホームページのほうを確認して直接面接へ行くという方法を取りました。

 

理由は当時トヨタのほうが期間工の募集を少し縮小していまして、派遣会社のほうから申し込みができないような状況になっていたので、直接申し込むことにしました。

 

なので、今後少しトヨタが期間工の募集の規模を縮小していこうと思ってる場合は派遣業者等を通すことができない場合もあるので、そういったときは入社祝い金等をもらえないことになってしまうのですが、直接申し込むかたちになると思います。

 

◇面接に必要なもの

 

持ち物は履歴書ですね、普通に一般的に売られている顔写真を貼れる履歴書ですね、そこに全部必要事項を記入して印鑑を押して、あとは筆記用具を持っていけば面接を受けることができます

 

服装に関してですが、私はスーツで行きました。実際に会場に来られているほかの面接に応募した人たちも、ほとんどの方がスーツでした。最近は派遣業者等を通して期間工の面接へ応募する人も多いようで、そういった場所から経由して面接へ行かれる方というのは途中で一度派遣会社の就職のコンサルタントのような方とお話をしたあとに申し込むというかたちになるようなのですが、そのときにコンサルタントの方がスーツで行くようにと要望を出す場合が非常に多いようで、最近は特にスーツで面接に行かれる方の割合が増えているというような状況になっているようです。なので、もしスーツを持っているようであれば、スーツで面接に行かれたほうが無難なのかなと私は思います。

 

◇面接の流れ

 

最初に1日の流れを説明からスタートします。そこで雇用条件などの説明が行われます。

 

その後面談というかたちで面接が進みますが、私の時は個人面談ですね。

 

以下が面接で聞かれた内容になります。

 

  1. 今までの職歴で期間工だったり工場での勤務経験

    ⇒私は以前ほかの会社で期間工をした経験があったので、そのことについてお話させていただきました。初めての方は初めてですと言ってしまって問題ないと思います。

     
  2. 志望動機について

    ⇒私の場合は単純にお金を稼ぐためにトヨタ自動車さんのほうを希望しましたと話しました。

    今までの経験上、私は期間工の面接でずっと同じような志望動機をお話させてもらってるんですが、すべてで合格の通知をいただいているので、少し打算的な内容になってしまっても基本的に志望動機で落とされるということはないように思います。なので皆さんも自分の本当に思っていることを素直にお話してしまって構わないのかなと思います。

     
  3. 夜勤勤務や交代勤務はできるか?

    ⇒私の場合は以前もほかの会社で期間工をしていて、夜勤勤務も交代勤務も両方とも経験があったので大丈夫ですとお答えしました。

    もし交代勤務等初めてで不安があるという人は面接官の方へ相談してみてもいいかもしれません。中には昼勤のみという工程もあるようなので、100%その希望が通るかは分かりませんが、そういったところへ配属してもらえるという可能性も少しは上がるかもしれませんね。

     
  4. 健康かどうか?

    ⇒体はしっかり動くかとかについて聞かれました。

    私の場合は健康に問題なく、手や体もしっかり動くので問題ないという旨をお伝えしましたが、中には少し健康に自信がないような方とかもいるとは思います。

    例えば腰痛持ちとかだったりですね、作業に支障が出てしまうような方もいらっしゃるとは思いますが、少し自分が気になるようであればそこも正直にお話されたほうがいいと思います。

    面接に合格したあと入社するときに健康診断等があるのでなるべく健康診断でばれてしまうようなことは嘘はつかず、しっかりと申告したほうが今後のためになると思います。

     
  5. 入れ墨はある???

    ⇒あと入れ墨ですね。期間工を募集している会社はあまり入れ墨に対していい印象を持っていないようなふうに私は思っています。

    今まで3社期間工の面接を受けてきましたが、内2社では入れ墨の有無について確認されました

    しかしですね、実際に働いてみると入れ墨の確認を聞かれなかった会社は普通に入れ墨が入ってる方も工場で見かけたわけですが、確認をした会社でも入れ墨が入ってる方をちらほら見かけることがあります。

    例えば寮のお風呂とかですね、ほかの期間従業員の裸を見ることになるわけですが、そういった状況でも入れ墨があるという人もたまに見かけます。

    面接のあとに、先程も少しお話をしましたが、健康診断があるので、基本的には嘘をついてしまうと後々ばれることになると思います。

    なので、ここでしっかりとですね、入れ墨をあるということをお伝えしたほうがいいと思います。

    ただですね、例えば私がほかの会社、入れ墨があるかどうかというふうな確認があった会社に入社したとき、健康診断でほかの方の裸を見ることになるんですが、そのときに私は入れ墨があったという人の記憶はなかったのですが、同期でそのあとに風呂場で一緒になったりとかで入れ墨をしているということをあとから知ったというような経験があります。

    その人本人に確認はしていないのですが、どうやら健康診断のときは入れ墨を隠して入ってきたのではないかなと私は思っています。

    中にはそういった方もいらっしゃるので、あまりメリットがあるように私には思えませんが、そのようにしてる方も一応いるということだけお伝えしようと思います。

     
  6. 勤務地について

    ⇒トヨタは基本的に愛知県で仕事をすることになります。

    なので、トヨタで働くことはできますかということを聞かれました。

    豊田に住んでいるという方はそのまま家から通勤するかたちになると思いますが、ほかの方はトヨタの寮に入寮して仕事をするかたちになると思います。期間工の方は大体入寮して仕事をしている方のほうが多いイメージがあるので、初めて期間工として寮というものに入るという人も気にせず自信を持って愛知県で働くことができますとお話してしまって大丈夫だと思います。

 

◆こういう人がトヨタの期間工の面接に落ちる

 

次に面接に落ちる人の特徴についてです。私は期間工を募集してる会社の人事ではないので絶対ということは言えないのですが、現場で働いた経験からこういう人は落ちてしまうのではないかなという方がいるので、そのことについてお話ししようと思います。

 

◇40歳を超えると難しくなりそう

 

まず年齢ですね、基本的に40歳を超えて初めて期間工をするというような方は少し厳しいのかなと思います。

 

ただまれに40歳以上で初めて期間工をするという方が現場に配属されることもあって、実際に私のいる職場でもそういう方がいらっしゃいました。

 

ただその人が偶然そういう人だったというだけの話なのかもしれないんですが、少し仕事を覚えるのに時間がかかっているようなイメージがあり、若い人に教えるよりかは大変だったなという印象がありました。

 

やはり現場としてもなるべく若い人を採ってほしいというふうに思ってると思うので、当然人事もそのように思っていると思います。

 

ただ実際に40歳以上で初めて期間工をするという方が入社しているという事実はあるので、少し年齢が自分の中でネックになっているっていうかたちで面接の応募を躊躇されている、考えているという方もいるかと思いますが、ひとまず面接を受けて不採用通知をいただいたからといって、何か自分にマイナスになるようなことはないと思うので、そういった方でもとりあえず面接へ応募してみるというようなかたちでもいいのかなと思います。

 

◇当たり前のことができないと社会人は厳しい

 

あとは、ルールを守れない人ですね。

 

面接に遅刻したりとか必要な書類や道具を忘れるというような方は、落ちてしまうという印象があります。

 

期間工という仕事は基本的に結構仕事が大変で、交代勤務だったり生活リズムが不規則になったりとですね、そういう理由から入社して1か月経たないうちにバックレてしまうという人も一定量います。

 

現場としては例えば2週間仕事を教えたのにいきなりバックレられてしまうと、今後の生産計画、有給の計画だったりとかにも響きますし、何よりそこに費やした人件費等がすべて無駄になってしまうので、会社としてもそういう人は採りたくないと思っているでしょうし、現場としてもそういう方は来てほしくないなというふうに思っています。

 

◇転職が多い人はどこも厳しい

 

あとは転職回数が多いという人ですね。

 

先程言ったのは途中で辞めてしまうような方に該当するのかなと思いますが、なるべく早めに辞める人よりかは3年間フル満了で働いてくれる人を会社としても採りたいのかなと思っています。

 

【最後に】

 

面接の合格通知、不合格の通知ですがインターネットの情報を調べてみると、電話と書面での通知の2パターンがあるようです。

 

私の場合は書面で通知されました。通知にかかった時間ですが、面接の日から1週間経たずに家のほうへ郵送で送られてきました。

 

ほかの会社だと大体1週間以上かかってしまうところもあるのですが、トヨタは通知がほかの会社と比べて早かったなというイメージがあります。

 

その中に面接の合否についてと合格しているようであれば入社日などについてだったり詳しい内容が書かれた手紙ですね、が入っているので、そちらを確認していただいて、入寮、入社していただくことになります。

 

今回はトヨタの面接について私の知っていることをお話させていただきました。

 

基本的に期間工の面接はあまり厳しいものではないと私は思っています。

 

今まで3社期間工の面接を受けてきましたが、3社ともすべて合格の通知書をいただくことができました。

 

あまり落ちたらどうしようかなとかは考えないで、とりあえず受けてみようかなという感じでも構いませんから、自信を持って面接のほうを受けていただきたいなと思います。

 

それでは今回はここで終了したいと思います。

 

ありがとうございました。

このブログは、スバル・アイシンAW・ホンダ等の現役・元の期間従業員(通称:期間工)からの情報をお届けしています。

本ブログに掲載されている写真・文章の無断利用はご遠慮ください。
写真・本文の引用を希望される方は、コメントフォームよりご連絡いただき、本ブログへのリンクを明記した上でご利用ください。