【期間工集合!】みんなで描く期間従業員日記@tiresias.org

現役期間工、元期間工が、それぞれの期間従業員時代の経験を思い思いに語ります。仲間も募集中!

ホンダの元栃木工場、パワートレインユニット製造部について解説

 


※下記の文章は経験者の肉声を元に、ブログ編集部が校正して掲載しております。

こんにちは。

 

このコーナーはデンソーやホンダの期間工経験者である「もちまる」が実体験をもとに期間工について抱く疑問に答えていくものとなっています。

 

それでは今回はホンダ期間工について、元栃木工場、現在のパワートレインユニット製造部についてお話ししようと思います。

 

 

 

◆ホンダの栃木工場であるパワートレインユニット製造部について解説

 

 

これからホンダの期間工になって働こうと思っている人のなかで、すでに本多技研の公式ホームページにある採用情報の期間工のページをご覧になった方も多いと思います。

 

 

 

ホンダが期間工を募集している製作所のなかには、埼玉製作所、鈴鹿製作所、熊本製作所、トランスミッション製造部、パワートレインユニット製造部があるわけですが、実家が栃木の方や、または大のホンダ好きということで、旧NSXを製造していた高根沢工場の現在の姿であるパワートレインユニット製造部で働きたいと思っている方もいるかもしれません。

 

そんなパワートレインユニット製造部、インターネット上では前身の栃木製作所とよく書かれていることが多いわけですが、まずこちらの求人について軽くご説明しようと思います。

 

 

 

◇ホンダの栃木工場の求人について

 

まず本多技研の期間工は日給が基本的に募集している製作所で違います

 

パワートレインユニット製造部では日給9600円で期間工を募集していて、こちらの金額は本多技研の期間工のなかで、ちょうど真ん中の水準の日給になっています。

 

公式サイトのほうで提示されている月収例では、勤務6カ月以下の方の給料が274600円、6カ月以上12カ月以下の方が278800円となっています。

 

 

 

次に給料以外の手当などについてですが、こちらは基本的にすべてホンダ全社で統一されたものになっています。

 

無料の寮、社会保険、社内での食事が1食無料で、作業服の無料貸し出し、そして3カ月ごとの満了一時金の支給があります。

 

 

 

◇栃木工場の仕事内容について

 

次にパワートレインユニット製造部の仕事についてお話ししていこうと思います。

 

こちらの工場では、エンジンバルブやクランクシャフト、ミッションギアなどといった部品の製造を主に請け負っている工場になります。

 

基本的に車体の製造は行わない工場になっているので、仕事の負担に関しては比較的楽な部類に入ると思います。

 

私は栃木のこちらの工場で働いたことはありませんが、ホンダの埼玉製作所で勤務した経験があります。

 

その後他社の部品系の期間工であるデンソーの会社に転職したわけですが、ホンダでは車体の組み立て、デンソーでは部品の小さいものの製造といった仕事を経験しました。

 

そこで感じたことは車体の仕事に比べて、部品の仕事は比較的楽なものになっていると私自身は感じました

 

なので、ホンダのなかでも他の製作所と比べてこちらの栃木の製作所は比較的楽なものになっていると思います。

 

したがってホンダで働きたいけれども、あまり車体等ライン作業の組み立て等をやるだけの体力的な自信がないという方には、こちらの工場が非常におすすめになっています。

 

 

 

ただ、今おすすめというふうにお話しさせていただいたのですが、非常に残念なことにこちらの栃木の工場、現在期間工の募集をほぼしていないという状態になっています。

 

本多技研の公式サイトにあります採用情報では、期間工募集の項目には名前が書かれていますが、実際にそちらから募集のページに飛ぶことはできないようになっています。

 

一応今回の音声を録る前に、インターネットで調べてみたのですが、どうやら2013年を最後にほとんど募集がなされていない状態になっているようです。

 

もともとホンダの数ある製作所のなかで、こちらの栃木にある製作所、特に期間工の人数が少ない製作所になっていたようで、現在のパワートレインユニット製造部の前身である栃木製作所だった時代、リーマンショックの影響で、本多技研は期間工の雇い止めを実施したわけですが、そのとき栃木製作所の期間工の雇い止めの人数が170人というふうになっています。

 

当時の鈴鹿製作所と埼玉製作所では1000人以上の期間工を雇い止めしており、鈴鹿製作所では1700人期間工の雇い止めをしています。

 

数字で見ると、実に10分の1の数字の期間工の雇い止めをしているということは、栃木製作所の工場で働いていた期間工自体が、そもそも他の製作所と比べると非常に少ないというのがこの事実でよくわかることになっていると思います。

 

とあるネットの情報によりますと、こちらのパワートレインユニット製造部、現在ホンダの期間工が約1000人働いているという情報も見つけることができましたが、こちらの情報に関しては少々信憑性に欠ける情報になっていますので、ソースのほうは載せませんがそういった書き込みもあったということだけお話ししておこうと思います。

 

一応私もホンダで期間工をしていた経験から、たまにホンダの期間工の情報というのはチェックしているのですが、やはり栃木のパワートレインユニット製造部の求人情報を見かけたことはあまり記憶に残っていないという状態なので、やはりこちらの製作所で期間工として働こうというのは、少し難しいのかなというふうに思っています。

 

 

 

◇ホンダの埼玉製作所や鈴鹿製作所は良いところです!

 

おそらくこれからホンダで期間工として働こうと思った場合、多くの方が埼玉製作所、もしくは鈴鹿製作所の期間工として働くことになると思います。

 

こちらの製作所はインターネット上でも非常に評判の良い職場になっているので、栃木県で働きたいというふうに思っていらっしゃる方は多いかもしれませんが、せっかくホンダの期間工という仕事を検討材料の1つにしてくださったのであれば、さきほど挙げた埼玉と鈴鹿の製作所も就職先の候補に入れていただけたらなと思います

 

 

 

【まとめ】

 

 

今回は本多技研のパワートレインユニット製造部、インターネット上では栃木製作所と言われている工場についてお話しさせていただきました。

 

残念ながら現在はあまり期間工の募集を行っていませんが、こちらの工場1970年に誕生して、非常に古い歴史を持っていて、なんといっても前身である高根沢工場、こちらホンダの代表する車であるNSXの製造も請け負っていた工場になっています。

 

もし皆さんがこれから期間工になろうと思っていて、ホンダの求人情報を見たとき、こちらの工場がありましたらそれは非常にレアなケースになっているので、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

それでは今回のお話はここで終わりにしようと思います。ありがとうございました。

 

 

 

このブログは、スバル・アイシンAW・ホンダ等の現役・元の期間従業員(通称:期間工)からの情報をお届けしています。

本ブログに掲載されている写真・文章の無断利用はご遠慮ください。
写真・本文の引用を希望される方は、コメントフォームよりご連絡いただき、本ブログへのリンクを明記した上でご利用ください。