読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【期間工集合!】みんなで描く期間従業員日記@tiresias.org

現役期間工、元期間工が、それぞれの期間従業員時代の経験を思い思いに語ります。仲間も募集中!

掲示板は期間工の宝?!スバルの2ちゃんねるの教科書

せいじ 2ch 寮・社宅

f:id:borncrash:20170228135009p:plain

 2ちゃんねるは情報収集の場! どうもせいじです。

ネットというものが発達して情報収集手段はテレビやラジオ、そして新聞や雑誌にとどまらずネット上の掲示板までに及びました。

 

正直テレビや雑誌なんて言うのは編集者一人の物差しが如実に情報に反映されるのでそれほどアテにならない部分でもあります。そーいうの最近よく弾劾されてたりするし

しかも一方通行なので細かいことが分からなかったり……

 

そんなときに便利なのがネット上の掲示板ですね。中でも最大の規模を誇る2ちゃんねるでは、日夜新しい情報がやりとりされています。

 

書いてて悔しいけど情報の新鮮さについてはブログもネット掲示板に譲らなければいけない部分があります。

だってブログは個人のメディア。情報収集には限界があります

 

大して掲示板は毎日不特定多数の人が閲覧し、書きこむ場所。

もう戦闘力がケタ違い。スーパーサイヤ人とナメック星のカエルくらい差がある

 

そんだけ可能性はある分野です

 

2ちゃんねるを利用して情報を集めることについて

 「2ちゃんねる」と聞くと「嘘ばかり」とか「危ないトコ」とかいう確証のないイメージが先行してアレルギー反応を示す人がいますが、それだけでこの界隈を断じてしまうのは結構もったいないです。

 

使い方を間違えなければ「見といてよかった」なこともいっぱいあります

 

期間工の2ちゃんねるを見るメリット(スバルの例)

 まずは先述のとおり非常に情報が早いです。そして限りなくローカルな情報が手に入ったりします

「今夜プレステ処分するからトイレの前に置いとくで。ほしい方は勝手にどうぞ」みたいなやりとりがあります。

 

これ地味に助かるよな!?

 

僕はこれでコントローラーを2個ゲットしました。もちろん誰が触ったか分からないという心配はありますが、それは中古屋も同じこと。ウェットティッシュでしこたま拭きまくればそれほど気にならない衛生状態なはずです

 

このような「スバル期間工フリマ in 2ちゃんねる」は過去ログなんか見てても度々出てきます。

サンキューブラザー

 

 

次に個人個人の生の情報が聞けます。

たとえば社員の説明会があったとして「えー、寮はこんな感じです」とか言われても不安が残るやろ?

それは何故か……?

 

語る人が一人しかいないからなのであーーる!!(メガネクイッ

 

そう、レビューする人が少なければ人は「こいつだけの主観ちゃうんか……?」と思っちゃうわけです。

しかも「実際に住んだことあって言っとるんやろか……」という疑問もありますよね。

 

そこで2ちゃんねるの出番よ!

 

Amazonレビューなんかもレビュー数多い方が購入するとき安心じゃん? メリットデメリットが把握しやすいから。

そういった理屈から、スバルの期間工の2ちゃんねるスレは覗いといて悪いことはないかと思います。寮の情報とかも結構載ってるし。

 

まあ間違っても「○○寮 お化け屋敷」とかでググるなよ? ファンキーでファンシーな情報が入ってくンぞ!?

 

特に匿名であるというのは、情報を包み隠さず出すには大きな助けになります。「自分」というのが他者から認識されないわけだもんね

僕はこの掲示板のテンプレを見て応募に踏み切ったみたいなトコがあるよ!

 

 

そして何より、見てて楽しい!

なんつーか、起きてることをみんなが実況してるわけですよ。

工場で見た珍しい光景、寮の変な人、個人が今晩食ったモンまで……

 

これは働き始めるとさらに面白さが加速します。

なんつーか、“ライブ感”ってやつ!? 当事者意識てんこ盛りな書き込みがちょくちょく出てくるのはテレビで地元の特集やってるみたいな親しみが湧きます。

 

僕は社員に聞きにくい会社の話とかはだいたい2ちゃんねるで仕入れてます。

給料がどーとか、どの工程がキツイとか、ライン作業中にウ○コしたくなったらどうするのかとか……

 

ホント便利やわ!

 

スバル期間工の情報を2chで集めるデメリット

 ここまで説明してメリットてんこ盛りだと思ってるモニタの前のあなた! その安心に緩みきった顔を若干正すぞ?

物事には必ず何かしらデメリットがあるから気をつけろ!!

 

まずは情報が多いがゆえに嘘も多いのがネックです。

特に初心者っぽいひとが質問なんか書きこんだりするとまれに嘘書くヤツがいるんですね。

 

でも

 

うそつきーーーー!!

 

と大声で言ったところで誰も助けてくれません。

 

そういうのを盲信すると後で痛い目みるんで複数の情報を照合して「これホントに正しいんやろか……」と吟味していくことが大切です。

コレ、情報リテラシーというやつな! 一つ賢くなったなぁオイ!!

 

匿名掲示板ってハメ外す人多いからね! 2ちゃんねるのスバル期間工スレも例に漏れずワーキャー喚いてる人はいるのでご注意

 

 

次にずっと見ていると心を病みます。

確かに最初見てると楽しいんです。でもそれは悪ふざけしてたり、自虐的な話だったり殺伐とした雰囲気を俯瞰で見てるからいいんです。

 

そこをずっとずーーーっと見てると感情移入というか、妙な没入感が襲ってきます。

そして考える

 

「休日に俺何してんねん……」と。

 

これならまだ動画配信サイトでバックトゥーザフューチャー観てる方が充実した休日だと思えますよね。

そう、何事も過ぎたるは及ばざるが如しです。

「スバル 期間工 2ちゃんねる」とかググるのは週に2~3回くらいに留めておきましょう。

 

 

また、あたりまえですが掲示板は匿名なので言いたい放題です。

初心者なりにキチンと、誠実に書きこんだところで「うるせー○ね」とか返ってくることはよくある話です。

 

それでも怒ってはいけません。彼らはゆーて(若干心が荒んだ)普通の人なんです。

専門知識とかを話すスレでは丁寧な人もいますが、大体は一般ピーポーなんでおもてなしの心もなければ「何かを教えよう」なんて使命感もありません。

そら僕も大切な時間使って2ちゃんねるの書き込みに誠心誠意返そうとは思わないもん。(煽ろうとも思わないけど)

 

なので、キツイ一言が返ってきても「まあそんなもんやな」と割り切りましょう。

そこで「キー!! なんやねんこいつ!!」とラリった顔でキーボード叩き始めたら完全に相手の思うつぼです。

 

僕もネットで煽られたら胸がキューっとなったりしますがそのあたりで上手く自分をコントロールして他のところで発散しましょう。むしろその怒りを仕事でパワーにしてくれ

 

期間工の2chは十中八九監視されてる

 匿名性の高い掲示板ですが、企業もバカじゃありません。

「こいつらいつヤバいこと漏らすんやろか……」といつも思いながら間違いなく正規の職員がスレを監視してますので

 

「匿名掲示板最高や! 内情語りまくったろ!」

 

な思考は危険です。ブログですら「オイオイオイここまで写真とか載せて大丈夫なの?」なものも少なくないので、その辺のリテラシーはきちんと持っておかなきゃいけません。もちろん許可取ってるのとかはOKよ?

 

名前が出なくとも、特定の課しか持っていない情報を書きこんだことで「犯人お前やろ!」と言われることも0じゃないので、日常の当たり障りのないやり取りに使う程度にしましょう。

 

しかしテンプレに出てるような業務情報はかなり頼りになる情報です。特にマイナス面

 

まあね、そら企業は自分の会社のマイナス面はそんな声高には話さんからな! しゃーなし

でも企業のデメリットを知っておくのはこれから期間工を卒業してからも大いに役に立つので心に留めておきましょう。

 

2ちゃんねるの情報の優先度は3割程度に留めておこう

 2ちゃんねるで語られるスバル期間工の話は、実際働いてみてわりと信憑性の高い情報が多かったですが、それも公式ではないお守り程度の情報だと思っておきましょう。

 

僕はこの期間中に人生で1,2を争うくらい2ちゃんねるを見ているので「こいつ嘘ついとるな」とか「この情報は本当っぽいな」っていうのは少しですが分かるようになってきました。

それでも2~3割くらいよ!?

 

なので本当に差し迫った疑問は少しくらい聞きにくくてもちゃんと上司に聞きましょう。

僕とのお約束だよ☆

 

掲示板はあくまでも情報収集の一つのツールにすぎないということを覚えといてね!

 

 

エンド

著者プロフィール

f:id:borncrash:20170307173544j:plainf:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

東京都在住:元スバル期間工(2008年) 30代前半男性。(写真は期間工当時)

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。

 

2ch以外で期間工の情報を探している人は、期間工の日常をチェック↓↓

kojo.tiresias.org

 

このブログは、スバル・アイシンAW・ホンダ等の現役・元の期間従業員(通称:期間工)からの情報をお届けしています。

本ブログに掲載されている写真・文章の無断利用はご遠慮ください。
写真・本文の引用を希望される方は、コメントフォームよりご連絡いただき、本ブログへのリンクを明記した上でご利用ください。