【期間工集合!】みんなで描く期間従業員日記@tiresias.org

現役期間工、元期間工が、それぞれの期間従業員時代の経験を思い思いに語ります。仲間も募集中!

スバル期間工の給料や貯金を世間と比較しながら教えるぞ!【手取り内訳】

f:id:connectconnect:20170714100548p:plain

スバルの期間工の給料4ヶ月で約100万円貯めました! 

せいじです

 

スバルの期間工の給料というわりとピンポイントなジャンルに焦点を当ててくれたキミはもしかして就労希望者かな!? 

それとも他社との比較をしているウィンドウショッピングみたいなノリかな!?

 

まあええわ、そんなあなたの金銭欲丸出しな素晴らしい好奇心に脱帽して実際のところを教えちゃいます。ぎゃはは

 

スバル期間工の手取りは実は少ない?世間の初任給と比較してみる

 

月の手取りは残業なしで23~24万円

 早速答え出ちゃったなぁオイ!! この記事もう終わりかァ!?

 

んなわけねーだろ!! もっと語らせて下さいお願いします

 

とりあえず月間の諸手当込み、残業なしの給料はこんなもんだ。

そして俺は次にキミがどう思うかなんとな~~~~く分かるぞ?

 

「スバルの期間工の給料って意外と安くね……?」

 

だろ? だろ? 読んじゃってゴメンな! 心読んじゃって!! ぎゃはは

 

はい。

 

確かにこうやって目に入ってくる給与の水準としては、新卒大学生の初任給である19万~22万円とさして変わりがない。

 

しかーーし!!

そこには大きな罠があることを知れ!!

 

生活費を貯金に回し、一ヶ月で楽々10万円貯金!

 僕は今東京で暮らしています。

んで当時を思い出すと、間違いなく貯金は当時の方が月に多くできてたし、使える金も多かった。(使わなかったけど)

 

そう、スバルの期間工には寮費無料+社食というなんともマーベラスな補助があるのだ!!

それに対し東京での今の暮らしはどうだ……?

 

食費があらわれた!

 

光熱費があらわれた!

 

家賃があらわれた!

 

 せいじは ひんしだ!

 

こんな感じ。4行で表せるくらいこいつらはヤバイ出費なわけよ。まあ、詳細は伏せるとしても、10万円弱は月に支払ってることになります。

 

つらい・・・

こうした生活費を支払わないで・・・・・

それが貯金できたらなぁあああああ!!!!

 

 

対して期間工

 

通信費があらわれた!

 

せいじは通信費を 支払った!

 

やったー! 月の生活費の 支払い が おわったぞ!

 

こんなもんよ!? まあこれに社員食堂とかのやっすい食費が少しかかったりとかのレベル。

 

そうなると、ざっくり計算しても

 

東京住まい24万とスバル期間工24万はマジで天と地の差があることは分かってくれたと思う。

 

これらの出費を抑えられれば、

10万円毎月貯金したい? 余裕よ? 

期間工ならね!

 

お金を稼ぐなら残業は必須!スバル期間工の給料がこんなにも高額に・・・

 僕自身は全体的に見て残業することに対してあまりプラスな印象を持ってはいませんが、「お金を稼ぐ」という点に関しては残業必須です。

 

僕がスバル期間工として働いてた2008~2009年当時はリーマンショック真っ只中。

世界金融危機に際して各社自動車工場も減産のあおりを受け、なんと就業中残業ほぼゼロ!! 休日出勤? なにそれおいしいの?

 

ちくしょおおおお!!! これから金貯めたいって時によおおおお!!!

 

とかなんとか言いつつも、スバルの場合4ヶ月で慰労金も含め100万は貯まってるわけです。すごくね!?

しかも日給は最低額の9000円! 

それでもそんだけ貯まるんだからスゴい

 

これに残業代や休日出勤代がプラスされたらどんだけスゴかったんでしょうか。

残業代は時給換算で3割増、休日出勤は4割増らしいのでヤバイですね。

いっちゃう!? プラス1ヶ月分くらいいっちゃう!? 

夢の120万円貯金!?

 

現在の期間工では普通に休日出勤・残業が発生しているようです。

ということは! 体力が許す限りお金を頑張って稼げるってことね!!

働きたいーーーー!! あのころのまま、今働きたいーーーー!!

誰か早くタイムマシーンを開発してくれーーーー!!

 

期間工の待遇を良さ給料に換算させると…

 当然寮などに住んでいないフツーの一人暮らしであれば、家賃を払い、光熱費を払い、食費を払いつつ日々のお仕事をこなしていってるんですが、スバルの期間工はそれらがほとんどかかりません。僕はその事実をおかずにごはんが食べれます

 

じゃあもしもスバルの期間工の給料にも処々の支払いが存在したら!?

そんな風に考えればフツーのサラリーマンとの待遇の差がわかっていただけると思います。

 

まずは食費

僕らは仕事中に昼食をとります。そのお金は安く見積もって500円くらいでしょうか。

健康で文化的な最低限度の食事ですね。

それを大体月20日くらい繰り返します。

ハイ1万円

 

次に光熱費

季節によって変動がありますが、東京一人暮らし時代の僕で切り詰めずに電気ガス水道合わせてだいたい1万円/月くらいですね。

ハイ1万円

 

そして家賃

この家賃のせいで大幅に給料が削られます。とはいっても寮と普通の住居を同列の料金では見ることができないのでここは田舎の古めのアパート、そしてシェアハウスなどを参考に考えます。

僕のいたスバルの大泉寮は4.5畳ほどのお部屋だったので、適正賃料としては4万円くらいでしょう。設備共用だけど、風呂とかタダだし

ハイ4万円

 

オイオイオイ随分無慈悲に支出が増えていくよなぁ!!

 

そしてこれらを合計しますと6万円になります。

それを僕のスバル初任給である24万円に足します

 

すると……

 

29まんえーん!!

 

どうよこの給与!? 何が起きたの!? 魔法みたい

世間の新卒サラリーマンは家賃払いながら時には食費を切り詰めたりしながらヒーヒー言って頑張って貰った初任給を何とか死守してるワケ

 

ところがスバルの期間工の給料はどうだ!?

 

減らない!!

 

減らないぞおぉぉおおおお!!

 

みなさんこのヤバさがわかりますか?

一般的な社会人が月収29万を稼ぎ出すにはある企業に正社員である程度勤めるか、それなりの良い資格を取るか、はたまためっちゃ歩合の比率が高い会社で営業したりとか、それこそ実績を作らなきゃ届く水準ではないのです! ヤバイ

 

しかし期間工はどうだ……?

 

資格がなくてもできる! 歩合なんかもちろんない! 長く務めなくてもその水準に到達できる!

 

なんだこれはーーーー!!

どこだここはーーーーーー!!

 

そんな感じです

 

期間工を使ってスキルを磨き、生涯の給与明細を潤そう

 この話を読んでいただいた諸君にはだいぶ分かっていただいたと思う。

スバルの期間工の給与水準は、かなり高い!!

 

世間では「キャリアが~」「つぶしが~」みたいな、意識高い求職形態がいっぱい存在しているが

 

この瞬間! まさにこの瞬間貯金したい!!

 

とかいう切羽詰まった人もいるわけじゃん? もちろん後々のキャリアのために何かしらスキルや経験積みたいとかいう考えも良いと思う。意識を高く持つことは大切だ

 

しかしスバルの期間工で経験したことだって見方を変えれば財産だし、僕はその経験のおかげでこんなライターちっくなこともやってるし、この先どうなるかなんて誰にもわからないもん。

 

だからやる! とにかくやってみる!

そうしてそこで得たお金が火種となって、後のあなたの「生涯の給与明細」を大きく潤してくれるかもしれません。

 

世間的には期間工は決してスキルの高い仕事だとは思われていません。

しかしそこも自分自身の考え方一つです。期間工で体験したことを上手く人にアウトプットできればあなたはそれだけでライターとしてのスキルが高いと言えます。

 

そこで磨いた不屈の根性を糧に、期間工以外の肉体労働をバリバリこなせば、身体的・体力的スキルはとても高いと言えます。

 

「スキル」というのは、何も筆記テストや国家資格だけで計れるものだけではありません。あなたが期間工で働いているまさに「今」が捉え方によっては将来への大きな財産であると思ってください。

 

僕はそう信じて期間工を頑張った過去を誇りに、今もこうやってみんなを応援する記事を書いています!

 

がんばれ期間工。

特にスバル期間工、世界にはばたけ!!

 

 

エンド

著者プロフィール

f:id:borncrash:20170307173544j:plainf:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

東京都在住:元スバル期間工(2008年) 30代前半男性。(写真は期間工当時)

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。

 

スバルの期間工の給料をもっと知りたい人は、給料明細をチェック↓↓

 

kojo.tiresias.org

 他の工場はどうなの?という人は、アイシンAWの給料明細をチェック↓

kojo.tiresias.org

 

このブログは、スバル・アイシンAW・ホンダ等の現役・元の期間従業員(通称:期間工)からの情報をお届けしています。

本ブログに掲載されている写真・文章の無断利用はご遠慮ください。
写真・本文の引用を希望される方は、コメントフォームよりご連絡いただき、本ブログへのリンクを明記した上でご利用ください。